風俗こそ外見より中身

気まずさがかえってリアルだった

とっても気まずい風俗だったんですけど、でもそれがリアリティと言うか、風俗を利用しているのではなくて、プライベートで楽しんでいるかのような気持ちを味わうことが出来たので、逆に楽しめたような気がするんです。なぜなら、前回の風俗嬢、知り合いだったんですよ(苦笑)しかも物凄い知り合いって訳じゃなくて、ちょっとした知り合いというか、顔を知っているって程度だったんです。もっと仲良しであれば、冗談を言うなどしてなんとかフォロー出来たと思うんです。でも、彼女とはそこまで打ち解けている訳ではないので、思わずこちらも気まずくなってしまったんですけど、彼女も気まずいながらにこちらのためにしっかりと楽しませようとしてくれたので、最終的には満足感になりました。でも、あの気まずさはある意味癖になるかもしれません。気まずさがありましたけど、でもそれが初々しいカップルのような雰囲気に似ていたのもあって、何となく燃えちゃいました(笑)

刺激もありますし、やっぱりデリヘル

風俗は最近では専らデリヘルですかね。デリヘルが特別大好きとかではないんです。ただ、楽なのもありますし、刺激もあるじゃないですか。電話すればいいだけなんです。それって本当に楽ですよね。だからデリヘルばかりですし、それにデリヘルって刺激もあると思うんですよ。女の子が私服でやってくるじゃないですか。冷静に考えると、女の子の私服を見れる風俗はデリヘルだけですしね。他の風俗というか、お店で営業している風俗の場合、女の子の衣装はパーティードレスみたいなものが多いじゃないですか。それもそれで色っぽいとは思いますけど、用意されている感はありますよね(笑)でもデリヘルだと私服でやってくるじゃないですか。それって、プライベートのような雰囲気を味わうことが出来るんですよ。だからデリヘルって刺激的なんです。この前のデリヘル嬢なんて物凄いミニスカだったので、角度によっては下着とか見えてプレイ前なのに、それなりに出来上がっちゃいましたからね(笑)