風俗こそ外見より中身

大阪のデリヘルで女の子と呼吸を合わせる秘訣

いくらサービス業ではあっても、デリヘルは男女二人きりの空間。女の子任せにするだけじゃなく、ある程度は男側も気を使ったり、あるいは女の子が全力を出せるような雰囲気を作ってあげることも求められると思うんですよね。
特に呼吸というか、どうすれば女の子との距離感を縮められるのかもまた、デリヘルでどれだけ楽しめるのかを占う意味でとても重要な部分だと思うんですけど、個人的に思うのはやっぱりコミュニケーションですよね。自分は今も大阪に住んでいますが、大阪の女の子は基本的に明るい子が多いので初対面でも仲良くなれますが、呼吸を合わせるとなると簡単ではないと思います。でもそれを言ってたらなかなか呼吸が合わないじゃないですか。それはそれで問題というか、勿体ないですしね。
じゃあ初対面の相手とも呼吸を合わせるためにはどうすべきなのかと言ったら、それはやっぱりコミュニケーションなんですよね。初歩的なことかもしれないんですけど、結局人間同士の関係はそこが肝になると思うので、デリヘルを大阪で楽しむのであれば、やっぱりそこは重要な部分だと思います。

可愛い普通のデリヘル嬢で良かったです

可愛い系でありつつ普通っぽい雰囲気のデリヘル嬢でしたね。Yちゃんは本当に「普通」というか、大阪の街を歩いていたらあまりデリヘル嬢だとは思わないんじゃないですかね。派手さは全然ないんです。休日も家にいることが多いって言っていましたけど、あまり派手に遊ぶのではなくて、あくまでも自分の世界で楽しんでいる。そんな雰囲気を感じさせてくれる大阪には珍しいタイプのデリヘル嬢だったんですよね。
でも個人的に、その雰囲気のおかげでかなり燃えたんです。デリヘル嬢ならではというよりも、普通の女の子と遊んでいるかのような気持ちになれたんですよ。さも「デリヘル嬢だな」と感じる女の子にがっつりとサービスしてもらうのも嫌いではないんですけど、時には普通っぽい女の子とのこういった一戦もまた、それはそれで悪いものではないかなって思ったんですよね(笑)
だからこそ、自分なりにいろいろなことを楽しめたと思うので良かったかなと。まぁ結論としては、デリヘルを大阪で利用したら誰でも楽しいってことですかね(笑)